Return Home

ジョブズ氏の「美しき庭」どこへ 実り多い ITの進化

Nikkei Online, 2021年9月17日 10:00


スティーブ・ジョブズ氏の死去から
10月5日で10年になる=ロイター

数日前、愛用する米アップルの音楽プレーヤー「iPodクラシック」が動かなくなった。機能的にはずいぶん古いが、クリックホイール(丸形ボタン)が特徴的で、アップルの歴史を象徴する物語性もある。手放しがたい。

ソフトの初期化などを試みるが、うまくいかず、都内の直営店アップルストアに持ち込んだ。Tシャツを着たスタッフたちが作業した結果、復活した。状況の説明を受けながらの30分。ストレスを感じない対応だったと思う。

iPodとアップルストア。ともに2001年に登場し、アップルが飛躍する土台を築いた。来月5日で死去から10年となる創業者、スティーブ・ジョブズ前最高経営責任者(CEO)のこだわりがつまっている。

完璧主義のジョブズ氏はあらゆる物事をコントロールしたがった。iPodはハード、ソフトはもちろん、03年に始めた音楽配信サービスとも一体化した。円滑な使い心地は、それまでにないデジタル体験を生み、白いイヤホンをつけた人が世界にあふれた。

つくり込んだ大事な製品の販売を知識が乏しい量販店などに任せられない。そう唱えて始めたのが直営店だ。当時はパソコンを直販する米デルの全盛期。弱小会社が店舗を開くのは無謀と世間は冷ややかだったが、アップルのイメージを発信し集客する場に育った。