2020/5/19 with Corona

【妻が見たコロナを書き留める】

500円 鯛」の真相がわかった。
日経 5月19日 社会面に「旬の食材 行き場失う」

「感染警戒 外食に客戻らず」
大きな字、大きなタイトルの記事がでていた。
午後3時ウォーキングを兼ねてスーパーに行った。
マスクをした人々が思ったより多く買い物に来ていた。
魚売り場で、大きな天然真鯛 一尾 598円、
高知県産の新鮮な天然鯵 【半額】のシールが貼ってあった。

いつも置いてある養殖鯛の切身は無かった。
今朝のテレビで、養殖鯛は東京方面への出荷先がないので、
愛南漁協が個人向けインターネット販売を始めた、と放映していた

野菜売り場、いつもより品薄。
4分の1に切ったキャベツがラップに包まれ、山盛りに積まれていた。
去年までは、このような光景は無かった。

5/20 天然鯛 500円の真相Ⅱ

日経 5月20日、マーケット商品のページ
世界最大級の魚市場 豊洲、生鮮魚介類の需要が激減し、相場大幅に下落。

東京、野菜の卸値 21%高、
コロナ感染外出自粛により、家庭の消費が増えたため。

冷蔵庫に残っているもので作り置きした。
① 小松菜炒め ② 南瓜サラダ ③ 大根酢漬け(寿司酢で漬けた)
⓸ 鯵の酢漬け

5/21 冷蔵庫 空になってきた

5月16日 買い物に行って6日目、
後期高齢者(夫 80歳)二人でも、多くの食材を消費している。
保存食として作り置きしたものをお皿に盛り付けて夕食とした。

5/22 県知事 臨時会見

クラスターが発生した病院関連で3名の新たな感染者が出た。

Auショップに用があり、大街道に出掛けた。
商店はシャッターが降りて、人道りも少なく、景色が変わっていた。
デパートは、1階のアトリウムコートは催物も商品の陳列もなく、大きな空間となっていた。各階ともコロナ対策への配慮が感じられた。

デパ地下へは、パン屋に寄りたかったが、換気が悪いので降りないで真直ぐに帰宅した。

5/23 高齢者施設で女性1人の感染確認

一週間分のまとめ買いにスーパーへ行った。買い物客は多かった。
肉専門店の店主から「コロナのため、豚肉(アメリカ、カナダ)、鶏肉(ブラジル)からの輸入が無くなった。国内産だけなので、豚、鶏は価格高騰した。」と聞いた。

5/23 日経記事より、

1】 「和牛 7年半振り安値」肥育農家の経営圧迫

2】 高知県須﨑市 官民一体となり、行き場のないカンパチ20万匹をインターネット販売

3】 真鯛生産日本一の宇和島市松山市内の小売店で販売促進を行い、地産地消で事業者を支える。

4】 外食店の営業自粛で行き場を失った野菜、農家らが動物園に寄付する動きが広がっている「大切に育てた野菜を捨てるのが辛い、地域のために少しでも生かせれば」
 ● 日立市かみね動物園には ケールが
 ● 横浜動物園には ミズナが
 ● 宇都宮動物園には ニンジンが届いた。

5/24 愛媛県 感染者 また1人確認された

  ■5都道府県 解除「良い方向に」、
    明日にも可否判断
  ■ ユニクロ マスク事業に参入
    通気性の良い「エアリズム」を使って。

5/25 緊急事態 全面解除
  1カ月半ぶり 経済再開に軸足

5/26 ニュース

1.アメリカ、カナダ、外出制限により、外出手段、運動手段として自転車の需要が高まり、品不足 深刻化。「自転車が買えない」

2.新型コロナウイルスで北米の豚肉食肉処理工場が相次ぎ停止した。

3.緊急事態宣言解除で、豚肉・野菜 卸値高止まり。
 果物・魚 高級品、回復に時間。

5/26 食卓に影響しているコロナを
主婦の立場で見続けていきたい。

近い将来に食料危機が迫っているのだろうか?
国連は、昆虫食を提唱している。
アメリカには、昆虫食レストランがあると聞いている。
今後の食糧事情が気にかかる。

投稿者: norio2480

ホームページ「媛の早起き鳥」のサイトを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です