2020/05/26 with Corona – 2

【妻が見たコロナを書き留める】

5/26 NHK ローカルニュース 中村知事

「花ある生活」で農家支援。コロナで需要減少した花卉農家らの支援
県内20市町村の小中学校延べ約8000教室に生花店によるフラワー・アレンジメントを飾る。県産品物の「さくらひめ」、西条産のバラなど。

5/27 中村知事

5月31日までを感染警戒期、
6月1日からを感染縮小期とする。外出自粛要請をしない。
とした。

かぼちゃのグラッセ

5/29 コロナ禍以後、初めてデパ地下へ行った。

1.魚屋: 大阪、東京方面の需要減のためか、地物の新鮮な魚たちが通常より安い価格で並んでいた。真鯛、鯵、イトヨリ、アマギ、鰹、等など。
目移りするぐらい! 八幡浜産のアマギを買ってきてムニエルにした。

2.肉屋: 和牛肉大バーゲンの貼り紙。
3割引、2割引、半額の物など、一番安い半額のモモ肉を買った。

何かある? 何故? 帰宅して日経を開いた。
マーケット商品のページ。和牛輸出29%減
4月外出制限で需要蒸発。輸出減が和牛相場を下押しする原因となっている。

5/29 日経四国版

松山市 三浦工業、
オゾンを使う滅菌システム、産業・医療向け開発へ。
コロナ・ウイルスや薬剤耐性菌を効率的に処理できる新しい滅菌システム
2020年と比べて 2050年には3倍の市場規模になる、と言っている。

5/30 中村知事 6/01 ~ 6/18 の方針

「感染警戒期」を継続する、と発表。
特措法に基づく自粛要請を県からの協力依頼に切りかえる。

投稿者: norio2480

ホームページ「媛の早起き鳥」のサイトを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です